目移りしてしまう…

墨やの独り言より転載

どぉ〜も、ふくふくでございます❗️

ここ最近は、地元でも青物の接岸が相次いで発生している様で…
海水温の上昇…だとか…
海流の変化…だとか…
色々と噂を聞きます👂
前回、メジロサイズを超ライトタックルでも無事に取り込める事が分かったので…
ティップエギングをベースにタックルを用意しておいて、青物の反応があれば狙っていく算段です✨
あくまで、エギングありきのカヤックフィッシングですよぉ🚣‍♂️
【タックルデータ】
ロッド:SHIMANO SephiaSS TIPEGING S66ML-S
リール:SHIMANO ULTEGRA 2500HGS
メインライン:SHIMANO PITBULL+ 0.8
リーダー:山豊テグス フロロショックリーダー 8lb
先ずは、カヤックを出艇させる砂浜の近辺で!
潮に任せて流されながら、周囲の状況と海中の様子を覗いてみると…
deeper chirp+  感度60%の画像です
小さなベイトの周りに青物らしき影が見えますね。
表層から10mぐらいに浮いている感じかなぁ⁈
いきなりの反応に、遊び半分でちょいとジグを投入してみると…
フッコサイズのシーバスでした♫
ルアーは、Mariaのムーチョ・ルチア
フォールでもアタリが出ていたので、沈下速度と流速、カヤックの流させる速度などなど…
色々考えると35gぐらいがベストでしたね。
ランディングするだけで流されてしまうので、
また元のポジションまで戻って…
はぁ⁉️  なんじゃ⁉️
とりあえず、ルアーを落とす…
そりゃ釣れますわね 笑笑
大体40〜50cmぐらいのハマチ⁈ツバス⁈です✨
とんでもない数が接岸している様です♫
理由はこの後になって分かってきました
この海域の最小ベイトが
このアミエビ🦐
地元のオッチャンが網で掬うと、1回でザル一杯になります 笑笑
とにかく半端ない数のアミエビが湧いてます!
(後でオッチャンに物々交換で貰いました)
このアミエビに、小鰯・ママカリ・コノシロ・サヨリが寄ってきて、さらにハマチが寄っている感じがありました✨
なので、岸の近くで水深の浅いエリアでも
かなりの量が入ってきてます!
どうやら8〜10m付近をウロウロして、ベイトが入って来ると浅瀬に追い込んで捕食している感じ⁈
この辺りから、ティップエギングが頭の中から消え出しています…    笑笑
日も昇ってきて、ジグのカラーチェンジをすべく、ブルーピンクに絞って狙っていくと
連続で釣れ続けます🎣
ジャークはそんなに必要なくて、ジグを不規則に動かすだけの軽いアクションと
フォールで誘うとアタリが途絶える事は無かったですね(^^)
釣れるんだけれども…
ティップランの事は完全に忘れてますね 笑笑
時折水面を騒つかせるナブラや、ベイトが逃げる様を見掛けなくなると…
ヤツらは沈んで、海底付近を移動している様です。
こんな反応が、ちょくちょく見られると投げてしまいますよねぇ 笑笑
今度はボトムタッチからのショートピッチ
真下に落とすのではなく、少しキャストして斜めにトレースしてくると…
はい!
釣れます(^^)
ナブラが出なくなると、みんな移動してしまうけど、かなりの猛スピードで一定の範囲をウロウロしている感じですね。
地形を把握して、ヤツらの回遊ルートを予想してから艇のポジションを決めて待ち伏せ!
なんて考えながらパドリングするのも楽しい(^^)
今回はご近所・仲間へのお裾分けをしたいので、しっかりとキープさせてもらいます♫
ハマチだけで12本!
もちろん合間で
真鯛もキープしてます(^^)
真鯛はなかなか気難しくなってますね💦
釣れるポイントも真夏に比べると大幅に移動しているので、この時期のシーズナルパターンを探さなくては💦💦
そして、ティップランエギングのタイミングを完全に見失う…
笑笑
でも、今日のご馳走は
アミエビかなぁ 笑笑
車に積んでいたタッパーに満タン♫
アミエビを掬っていたオッチャンにおねだりしたら
気前よく「好きなだけ持っていけやぁーー」
その心意気に、ハマチ1本と物々交換♫
アミエビ入りのかき揚げにして食べました
美味かったなぁ(^^)
このアミエビの大量発生が、冬・春シーズンの釣り物にも恩恵を与えてくれると嬉しいのですが…
今回はエギングのはずが、
青物狙いになって…最後はアミエビ 笑笑
目移りしすぎですねぇ💧

© 2021 Deeper Smart Sonar | ディーパー スマート ソナー